<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今週のお弁当です。

ネタが無い時の定番・・・お弁当ネタです。
c0188951_1656445.jpg
c0188951_1764415.jpg
c0188951_179486.jpg
c0188951_1711224.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-29 17:12 | お弁当

今日の

イカリソウの名前は、花の形からきています。8枚のがく片と4枚の花弁からなっています。がく片は二重になっていて、外側の4枚は早落ち、内側の4枚が大きくなって花弁と同じ紅紫色になります。
花弁の4枚は細長い管状になっていて、形が錨にそっくりです。葉は、花の終わるころにのびてきますが、3出複葉で、その1つの小葉はゆがんだ卵形をしています。
イカリソウの仲間には、トキワイカリソウ、ウラジロイカリソウ、キバナイカリソウのほか花に距がないバイカイカリソウ、ホザキノイカリソウがあります。(花図鑑より)
c0188951_20222994.jpg

ユキワリソウは、雪がとけるとすぐに花を咲かせるのでこの名がある。花茎は約10cmで先端に直径1cmほどの淡紅紫色の可憐な花をつける。葉の裏面は淡黄色の粉状のものがついている。花屋さんでいう雪割草は別のもの。
c0188951_2030195.jpg

ウグイスカグラは本州から九州の主に太平洋側に分布する落葉低木。全体無毛であり、高さ数mになる。早春から春にかけて開花し、淡紅色の花を咲かせる。ウグイスカグラの由来は不明であるとのことであるが、果実は赤く熟し、食べられることと何らかの関係がありそうである。
c0188951_20354993.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-27 20:35

ヨコズナサシガメ他

大阪市立大理学部付属植物園にて。
ヨコズナサシガメ
c0188951_21294161.jpg

ハナグモ
c0188951_2131438.jpg

ダイコンハムシ
c0188951_21332497.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-26 21:35 | 昆虫

ヤマブキ

ヤマブキの花びらはこれ位の開き具合の方が良いですね。
c0188951_16503244.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-25 16:52

ニオイタチツボスミレ

日本全国で見られる代表的なタチツボスミレと
c0188951_16181254.jpg
よく似ているのですが
タチツボスミレと比べると花の色も濃く、真ん中の白い部分がはっきりとしています。
また、名前のとおり花は良い香りがします。他にピンク色と白色があります。
by tj4000200024 | 2009-03-25 16:19

ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)

c0188951_11124043.jpg
中国が原産のトキワマンサクの紅花種で、房飾りのような花が咲いています。
by tj4000200024 | 2009-03-25 11:14

かんぼけ(寒木瓜) バラ科

ボケ は3月頃から咲き始めるが、このカンボケは11月~2月の真冬に花を開く。ボケと同じく中国原産で平安時代頃より日本に渡来。
c0188951_10495557.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-25 10:46

キクザキイチリンソウ

キンポウゲ科の種子植物で準絶滅危惧種です。
c0188951_1015686.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-25 10:14

トキワイカリソウ

トキワイカリソウ 常盤碇草 ( メギ科 イカリソウ属 )
c0188951_9381247.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-25 09:46

日本ミツバチ

日本ミツバチ・ルリタテハ・ツマグロヒョウモン♀・テングチョウ
c0188951_20104993.jpg
c0188951_20111263.jpg
c0188951_20113668.jpg
c0188951_20115483.jpg
c0188951_20135689.jpg
c0188951_20141547.jpg
c0188951_20145715.jpg
c0188951_20152692.jpg
c0188951_20155445.jpg
c0188951_20161218.jpg

by tj4000200024 | 2009-03-21 20:12 | 昆虫